<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 窓花 | main | みみをすます >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017年01月27日(金) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

螺旋の上にいる私

旧暦の丸一年カレンダー。

慌ただしく過ぎていく日々を
げつかすいもくきんどにちとかけぬけて、息つく暇もなく
ハイっ!またはじめに戻ってげつか・・・(以下エンドレスに続く)
と規則正しく繰り返すようにでなく
一年をまぁるく螺旋を描くように、
そして巡る季節の中、月の下、
自分が今立っている場所を俯瞰できるような
そんなことを感じられるような暦が欲しいなぁ
と思って今年一年使ってみました。

カレンダーは役割分担でいくつか貼る場所があって
それこそ規則性をもった普通のカレンダーは事務作業をする側に
月の満ち欠けや二十四節気などがわかるカレンダーはトイレに。
ぼんやりとトイレに座ってカレンダーを眺める時間、自分自身を見つめる束の間。
毎日のことだから、そこに何をもってくるかはなかなか重要な気がしています。
 
ちなみに我が家のトイレにはそれと合わせて毎年正月に更新される
「つちの日一覧表」(正月後に大用の渡辺石油に行くと頂けるのです)が。
こちらに来て知った「つちの日」、畑仕事や木を切る上で知っておくと重宝します。
その他、「さるとりにはうぐいが立つ」など迷信かと思いきや
本当にその通り川に行くとうぐいがうじゃうじゃになっていて
そのタイミングで釣りの予定を組むなど、
暦が身体に入ったこちらの方の動き方を見ていると
それを知らずに要らぬ仕事を増やしたりする
私たちの右往左往ぶりと対照的で
いかに自然に沿った暦が人々の生活にとって重要だったかを感じます。


この丸一年カレンダーは旧暦のものなので
(うねうねしている月の部分が旧暦、
一番外側には普段使っている新暦が表記されています)
2月の節分からはじまりますが
2015年の冬の部分もおまけでついているので今から使えます。

こよみ屋さんの、自然とつながる自然の暦
「丸一年カレンダー2016」ノラレコードで販売しています。
まぁるく流れる自然のリズムと過ごしてみませんか。
(と言いつつ私の今年の螺旋はすごいスピードだった気が。
さながら流されたトイレの渦巻きのように・・・。)




 
2015年12月11日(金) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 取り扱い商品 / comments(0) / - / -

スポンサーサイト

2017年01月27日(金) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

Comment
Submit Comment