<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 閑話休題 | main | 閉店後記 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017年01月27日(金) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

野良に帰る

喫茶ノラレコード、7月いっぱいで営業を終えました。

 

一年半という短い間でしたが、関わって下さった皆様、来て下さったお客さま
本当にありがとうございました。

 

表現したいこと、やりたいことはたくさんあるのですが
技術と、・・・とその他にも並べて書こうと思いましたが、技術不足、
ひとえに技術がまだまだ足りませんでした。
まずは、一応まだ身体が若いうちに(職種的にはもうぎりぎりなのではと)
農作業を身体でしっかりと覚えたい、というのが閉店の一番の大きな理由です。

 

一年半は短いものですが、この間いろんなことがありました。
「ガラガラ」と音が聴こえるんではないかと思うほどの日本の、世界の崩れよう、
ひとたび山へ帰れば、獣も、森も、魚も、畑も、
人間の生きるバーチャルワールドとうってかわって
たんたんと、よいもわるいも全部一緒に、全てが美しく全てが酷く、
そこに「ぽそん」と寄り添わせてもらっているような感覚になれるのに、
このギャップに、頭がついてゆけないような状態です。
(いっそのこと頭はどこかへやってしまった方がよいのかもしれません)

 

 

100年とちょっと前の8月1日は、宮本常一の生まれた日だったということを知りました。

 

「忘れられた日本人」

 

ノスタルジックな気分は今なんの役にも立たないことは重々承知ですが、
できることなら私はそこへ帰りたい。
行き先を選べるならば、今乗っている電車を降りて
「そちら」行きに乗り換えたい。
今乗っている所から降りなければ、別な電車には乗れないのです。
(この流れでこういうことを書くと
『店を閉めること』=『降りること』に読めそうですが
そういう意味でないのですが
そこが表現できないところもまた自分の技術のなさですね。)

 

 

重ね重ね、ありがとうございました。

これからは農夫修行に励みます。
と同時に、ノラレコードは再びソフトのみになって
箱を飛び出し軽やかに活動を続けます。
またお会いしましょう!!
2016年08月04日(木) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(0) / - / -

スポンサーサイト

2017年01月27日(金) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

Comment
Submit Comment