<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017年01月27日(金) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

近頃の本棚

山菜愛溢れる「山菜記」「続山菜記」。
ひとつひとつの山菜にまつわる話、イラスト、調理方法など。
いちばんはじめの「木の芽」からして
よく知っているあの木の芽とは別の植物で
それがまた美味しそうで。
好奇心くすぐられる山菜、山、地方史ワールド。
潔いカバーデザインは猪熊弦一郎氏。



「馬語手帖」、それに続く「はしっこに、馬といる」
馬と人とのコミュニケーションの取り方、の本。
ですが、それだけではなく、ひろくひろく広がっていく感覚。
この本を読んでから、先日の藤祭りで馬を見たので
つい「あ、今白目がちょっと見えた、・・・ということは」
などと馬の気持ちを考えてみたり。
馬、雨の日の行列、本当におつかれさま。



「目に見えないもの」
ノーベル賞受賞の物理学者湯川秀樹氏の本。
おそらく専門の話になると即寝してしまうだろうけれど
この本は言葉も優しく文体も柔らかく素晴らしい本です。
高野文子さんの「ドミトリーともきんす」と併せて読むと
面白さ倍増。



〈番外編〉お酒のお供本
「やし酒飲み」
ああもう訳がわからない。
読まないとわからない。
読んでも、やっぱりわからない。
それは、この世界そのもののような。



喫茶ノラレコードは水・木・金は18時〜22時まで。
夜の喫茶店、本とコーヒー、ビールにカレーです。(ドーナツもアルヨ)
土曜はこれまで通り11時半から夕方までやっています。
2016年05月11日(水) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(0) / - / -

taki jinnouchiさん

事件です。

喫茶ノラレコードオープニングにおいで下さった方にプレゼントした
オリジナル編集CD「発芽率80%」に入っていたこの方の歌に
衝撃を受けた方も多かったと思います。
 
風景と、生きることと、
こんなにも音に込めこんなにも自由に歌うことができる
希有なミュージシャンだと思います。
北国の寒い夜、明るく光る月、月に照らされる森、その光景を
あんなにありありと歌える人は他にいない。
もう何年もずっと「北の国へゆこう」という幻のような1枚のアルバムだけを
恋いこがれながら聴いて、
どこへお便りしていいのかわからずCDの発売元へ長いメールを送ってみたことも。
(返事がないところを見るともうその場所は機能していなかったのでしょう。)
 
15年ぶりに音楽活動再開、との知らせ。
ああああ、嬉しいです。
takiさんは相変わらず森の中にいて(というかもっともっと森の中にいて)
そこから再び音楽を届けてくれることが
とてもとても嬉しいです。

2016年05月07日(土) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(0) / - / -

ありがとうございました。上映&ドーナツ



昨日はやはり降られました。
思いっきり迷いのない雨に打たれながら藤祭り、
公家行列の皆さんも馬も大変だったけど
おかげさまでドーナツは昼夜あわせて30個出て
皆様から頂いたお金を「南阿蘇よみがえり」へ送らせて頂きます。
金額としては少ないかもしれませんが
平日はいつもお客さんがひとくみふたくみ、
というノラレコードとしてはなかなかなかなか!

ありがとうございました。

夜は「選挙フェス!」上映会でした。
にやにやと周りを伺ったり、斜に構えたり、
「間違いなく安全でいよう」と思うようなぬるぬるとした気持ち
少なからず自分のなかに存在するそういう気持ちを
最高の音楽とビンビンに研ぎすまされた言葉でもって
ぴしゃん、とやられる。
それはえも言われぬ感動的な体験です。
三宅洋平さんのfacebookの投稿でずっと心にとめておきたいものがあって
コピーしてとってあるのがあります。
************以下三宅洋平さんのfacebookより*******

アーティストの若い頃にはつきものですが、
僕には、何年も壮絶な貧乏を味わった経験があります。
しかし、「俺の財布の中身がいくら減っても地球は痛くもかゆくもない」
を信条に、外食はせずとも自炊の材料にこだわり、
100均は使わずに顔の見える作り手からものを買う。
といったことをある程度貫いてきました。
貧困は政府や経済界が生み出しているトレンドで、
政権を代えれば転換できます。
(同時に国連や世界銀行を動かすほどの国際的な政治の転換も必要ですが)
しかし、貧困マインドは、社会のせいだけにはできません。
貧困を理由に、地球を破壊していいとも思いません。
安易に石油製品を選ぶ人は、今より給料ちょっと上がっても、
石油製品を二つ買うんじゃないか、などと危惧します。
環境破壊の観点から言えば、金がないから安いものを選んでしまう「生活者の逞しさ」こそが、
一つの課題として横たわります。

それは、お金があれば解決するものなのでしょうか?

経済を良くする。
政治を改善する。

と、同時に
心の問題でもあると思います。
貧困に負けない知恵と人間関係がしっかりと育まれる世の中作りに、
少しでも貢献していきたいな、と考えています。
アベノミクスや今の国際的な格差問題(つまりセンスのない富裕層の跋扈)が、
お話にならないことは大前提で、
これはこれで早急にしっかりと変えて行くアクションをとっていきましょう。
週末、宜野湾や八王子、岩国など大切な市長選挙の投票日があります。
「地球をむさぼることをやめる」ために、市民の話を聞いてくれる人を選んでください。

*************************************
私たち家族が「ヒカリネコ舎」をはじめたときに掲げたテーマ
「この世界をかたちづくるのは 政治ではなく
この世界を変えるのは 革命ではありません」
日々の暮らしの中のあらゆるシーンで現れる選択の場面ひとつひとつにこそ
未来の分かれ道が潜んでいる。

私もそれを信じています。


3年前、彼は選挙へ出ましたが落選、
それでもあの時と変わらない熱量で同じことを続けています。
終わってはいないのです。

ひとりひとりが「ピースメイカー」に。
その波紋が広がってやがて世界中が覆われるように。

ぜひ彼の言葉、音楽聞きに行ってみて下さい。
「選挙フェス!」は以下の会場で開催されます。

2016年05月04日(水) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(0) / - / -

黄金も通常

連休中の営業もカレンダーの赤・黒問わずいつも通りやっています。
赤い日も水〜金は18時から22時まで、土曜は11時半から17時まで。

やってます!


野草のビールと満月醸造のビール。
どちらがおすすめですか?と問われても甲乙つけがたし。
 
そして夏の夜に向けて「南国塩ビール」試作中。
土佐の柑橘と天日塩がよく合う、高知のビール。



ビールビールとビールの話ばかりするとこれが聞きたくなります。
お供にどうぞ。

2016年04月29日(金) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(0) / - / -

満月の夜

昨日は満月の夜でした。
月の力によってまた大きな地震がくるんではないか、と
不安になっていましたが、まだ、今のところ。
(阪神淡路大震災は満月の明け方にありました。
それが『満月の夕』という歌になった。)
最近、朝がくるとほっとしています。
でも備えるべきことはきちんと備えて
あとはリラックスしていないと続きません。

夜の喫茶店バージョンになってまだ日が浅く
まぁ見事にお客さんが来ない日もあって
さてどうしたものか、と思っていましたが
昨日などは満月の日にだけ醸造されるオーガニックビールをお供に
ゆっくり読書の時間を過ごして下さるようなお客さまもいて
なるほど、そういう使い方いいですね、とうれしくなりました。
 
楽しく、テンションをあげるには向いていない場所ですが
心静かに過ごしたいとき、心密かに青い炎を燃やしたいとき
じっくり落ち着いて話をしたいとき
そんなときにはどうぞおいでください。
 
さて本日土曜日は、11時半からの昼間営業。
ドーナツ生地もむくむく醗酵中、
畑から人参やらエンドウやら
カレーにそえる野菜たちを引き連れて準備中です。

写真は山の家の育苗棚。
朝晩寒い時期でも家の中から暖房(ロケットマスヒーター)の
煙突を引きこんでいて温室になるのです。
今年こそはトマトソースできるか(例年トマトは貴重品)。
 

 
2016年04月23日(土) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(2) / - / -

お守り

心がざわざわして、落ち着かない。
あの不穏なアラーム音が耳から離れない。
心ここに在らずの状態で店に立ってしまい
ごめんなさい。

いつもコーヒーを飲みに来てくれるお客さんから
帰り際に「あ、そうそう。」と種を分けて頂いた。
「自分はもう蒔いたからよかったらどうぞ」って。
 
はっとして、なんだか力をもらいましたよ。

大きな地震を経験して
もっと生きる力がひつようだ、と思ったあのときから
火や、水や、土との良い関係を手探りではじめてまだ数年。

種はお守りのようだ。

大地が揺れても、家が壊れても
生きていけるんだ。
 
そう、原発の事故さえ起こらなければ。
私は、種を蒔きます。
好きな人たちとおいしいご飯を食べながら
同時に、今の政府にはやく退いてもらえるように
知恵と愛をあつめて出来る限りの事を。

2016年04月16日(土) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(0) / - / -

世界は音楽で溢れている

明日は土曜日、今まで通りの11時半〜17時までの営業です。
(4月13日より水木金は18時〜22時の夜営業になっています)

さて、昼間営業が週に一度になるにあたって週末プレートのような
ランチをご用意したいと考えているのですがもうしばらくお待ち下さいませ。
今週は、カレーと、お飲物、ドーナツでお送りしています。
昼間はなかなか暑くなってきました。
自家製ジンジャーシロップを使ったビリビリくるジンジャーエール、
コーヒーチェリーのソーダなどのシュワシュワ系もはじまっています。

さて、ひとつ本のご紹介。
 

独自な活動を展開する作曲家、野村誠さんの本「音楽の未来を作曲する」
 
なんて素晴らしい本!
 
帯にもありますが、これは音楽のみの話にあらず。
いろいろなヒントや希望や、夢や、読んでいて本当に嬉しくなっちゃう本でした。
語り口がとても柔らかく読みやすく、
中学生や高校生にもぜひ読んでもらいたい本だと思いました。
野村さん、以前京都の八百屋さん「フランク菜っぱ」の店先でばったりお会いして
菜っぱさんと3人で向かいのパドマでお茶する機会があったのですが
またお会いしたいなー。
この感動を本人にどうしても伝えたい!

ノラレコードに置いています。
ぜひ見てみてくださいね。
2016年04月15日(金) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(0) / - / -

再開!

長らくご無沙汰致しました。
皆様いかがお過ごしですか。
 
私たちは息子の入学を中心とした
まさに「新生活」がスタートしました。
はじまるまではドタバタで不安で、気疲れも多かったのですが
はじまってしまえば、毎日嬉々として
「いってきまーす。」という息子を送り出し
その間に私は畑に種を蒔き
「ああ、もう帰ってくる時間か。」といったそんな日々。
 
お店の方も、「夜の図書室化」計画にのっとり
あれをこっちにやって、これをあっちにやって、
眠っていたこれをここに利用して・・・と、
少しばかり改装致しましたよ。
特段目新しい事は何もありませんが
本と過ごす時間をより心地よく、
より濃密に過ごして頂けるような場を提供できたらいいな
という思い新たにこれからも努めて参る所存です。

そんなことを考えていた日々に出会ってしまった本。
「焚書」 鴻池 朋子
焚書(ふんしょ)とは、書物を焼き捨てる行為。
言葉がうまれる前、世界はぜんぶ素晴らしくてぜんぶ酷かった。
でもそのことを私たちに再認識させてくれる
ひとつの表現方法もまた言葉であるわけです。
 
おひとりさまで、あるいは友と、もちろん家族で
夜の図書室、喫茶ノラレコードに遊びに来て下さい。

************************
喫茶ノラレコード メニュー(水〜金 18時〜22時)

焙烙コーヒー 450円
鉄鍋コーヒー 500円
水出しアイスコーヒー 500円
豆乳ジンジャーカフェオレ 500円
コーヒーチェリーティー 400円
トゥルシーティー  400円
スパイスジンジャー ホット400円 ソーダ450円
カスカラソーダ 450円
季節の生絞りジュース 400円〜
マサラワイン 500円
ハートランドビール 500円
オーガニックビール(満月・野草etc.)    650円
     *
鹿肉ネパール風カレー  800円
季節の野菜カレー(今はほうれん草カレー) 800円
二つのカレー ハーフ&ハーフ  900円
揚げたて酵母ドーナツ 200円

**************************

【お知らせ!】
ライブアースまつやまのチケットあります。
喫茶ノラレコードでチケット販売していますよー。
お得な4枚組はもうなくなってしまった。
前売り2,500円(当日は会場のみで3,500円だそうです)
取り置き、営業時間内に来れない場合等
お気軽にお問い合わせください。
nora@hikarineko.jp
2016年04月13日(水) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(0) / - / -

ドタバタシンクロの春休み日記

平日昼営業の形態での最後日を終えてから
ドタバタと一気に今に至ります。
 
春休み、まるで託児所だった喫茶ノラレコード、
こどもたちがわーわーとしていて
ゆっくりお茶と本を、という雰囲気になれないときもありましたが
それもまた。
でもそんな日々のおかげで「こどもたちのもうひとつの居場所」について
いつもうすぼんやりと考えている私は
新たに具体的な宿題を提示されたようで
そのことを今受け止めて咀嚼している所です。
 
そんな騒々しさもピークを迎えた土曜最終日、店を閉めてから
古津賀ふれあいセンターで行われた「座禅会」へ。
大きな声で般若心経を音読し、しばしの間半眼で座る。
初めての体験でしたが、皆さん素敵な方たちで
とてもよい時間を過ごさせて頂きました。

 
その後ピューッとノラレコードに戻って
さよなら野良バーガーを食べてひとつの区切りプチ打ち上げ。
(野良バーガーは通常営業からは姿を消します。
イベントのときなどに登場する予定です!)
 
そのまま中村駅へ行き夜行バスに乗り母の住む京都へ。
私は古本屋巡り、息子は桜の下自転車の練習に明け暮れました。
(平らな所がたくさんあっていいなー)
恵文社一乗寺店の店長が新たにつくられた本屋さん誠光社にも行って
予定していなかったけれど出会ってしまったから仕方ない。
あれこれ連れ帰ってきました。
本の海を泳ぐのは最高に楽しいものです。
素晴らしい本屋さんたちの存在に、ありがとう。
まだ途中なのですが作曲家の野村誠さんの
「音楽の未来を作曲する」を感動にウチヒシガレながら読んでいます。
 
それから、最近息子と葛飾北斎の漫画を読んでいたので
(北斎の絵ではないのですが)
天井に描かれた龍の絵を見たいね、と建仁寺にも行きました。
建仁寺は、日本最古の禅寺だそうで
来る前に座禅をしてきた私たち、
そしてひとつ前のブログに書いた細野さんの言葉は
現代の般若心経のようだと思っていた私、
さらに隣で見ていた外国の女性たちが
手に水晶玉を持つ龍の絵を見ながら話していた
流暢な英語の会話の端に「dragon boll」を
すかさず聞きつけた息子(目下ドラゴンボール大流行中)、
解釈はいかようにもできますが、なんだかいろいろシンクロしている!!
と大盛り上がりの目出たい京都観光でした。

再び夜行バスで帰ってきて、入学式、新しい生活諸々始まりつつ
喫茶ノラレコードはもう一週間お休みを頂いて準備をはじめます。
「店内改装」という言葉に
「どのような工事が入るのか(わくわく)」との声多数、
紛らわしくてすみません、得意の模様替え+αくらいの規模です。
メニューブックも新装新調、準備中です。
13日夜18時から、再びお会いしましょう!

2016年04月06日(水) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(0) / - / -

続くもの続かないもの

なんだか「終わりモード」な今週です。
自分としてはそんな気分じゃないのですが
「今までありがとう」とか「もう◯◯は食べれなくなるのか」とか
いろいろ仰って下さってうれしいかぎりです。
が、終わりじゃないですから。
 
春休みになって、暇に悶絶している近所のこどもも遊びにくる
近頃の喫茶ノラレコードです。
「おとなになったら」という話題になっていたので
遊びに来ていた子に「大人になって何したいの?」と聞いたら
「えー、・・・ノラレコードではたらく」
意外な答に驚き、ちょっと嬉しいこと言うじゃんか、と照れ。
しかしこの店は、たぶんそこまでは続いてないと思うなぁ。

夏頃には、またまた新しいプロジェクトが動き始めます。
「新しい」と書きましたが気持ちはずっとこれまでの続きです。
自家発電のしくみ。
エネルギーの話はもとより、豊かさや幸福感を
奪ったり、減らしたり、刹那的に消費することで得るのでなく
自家発電のようにぐるぐる回りむくむく沸いてくるような
そんなしくみを考え続けていきたいです。
形を変え手を変え品を変え、
一緒に楽しんで下さったら幸いです。

ひとまず今週末からいったん春休みを頂きます。
再開は4月13日(水)18時から。
 
桜も咲きましたね。
最後に、この春卒業や新生活がはじまる皆様へ
偉大なる師、細野晴臣さんの言葉を。
 
「人間、練習すれば間違える。
計画すると失敗する。
覚えていると忘れる。
生きていると、死んじゃう」
 
移ろい行く自然を生きてまいりましょう。


 
2016年03月31日(木) by 喫茶ノラレコード [ Edit ]
cetegory : 雑記 / comments(0) / - / -